飯田水引プロジェクト

トップページ > メッセージ 世界の日本人の皆様へ

メッセージ 世界の日本人の皆様へ

    メッセージ 世界の日本人の皆様へ

    日本の水引は、飛鳥時代に遣隋使が日本に持ち帰った品々についていた麻布が起源といわれ、それに従えば約1600年の歴史があります。
    「結ぶ」というおこないは、日本人にとって「命をつなぐ」「愛をつなぐ」「運命をつなぐ」呪術であり、贈答品に水引を結ぶ習慣には「わたしとあなたの心をつなぎましょう」というメッセージが込められています。
    水引は、日本の宮廷や武士たちの間で重要な礼儀作法として発達してきました。縁起のよい贈り物には3本、5本、7本といったように奇数の水引を束ねて結ぶのがしきたりですが、これは奇数を「陽」の数として尊ぶ日本の呪術「陰陽道」の思想に基づいています。
    このように、水引の美しい曲線美の奥には、日本人の神秘的な祈りの心が込められています。
    職人が心を込めて結ぶ飯田の水引。お客様のあらゆるニーズに合わせ、飯田水引プロジェクトは新しい可能性をご提案します。


    水引の意味

     水引が持つコンセプトに、人と人、心と心を結ぶ「人との縁」があります。この「縁」をより一層育むために「贈り物」という文化があります。「贈答」という文化は世界に共通するキーワードです。


    飯田水引プロジェクトでは、水引という特性から、結び職人といえども同じものが二つとできない、言うなれば世の中に唯一の作品こそが「贈り物」としての価値を高めるものと考えています。大量生産とは異なり、ひとつひとつの作品が、職人の手技によって丹精が込められ出来上がっており、贈り主の心が水引によって送られた方と結ばれると確信しています。


    海外では、贈答品に食品は使わないという文化のある国があり、同じものが二つとないものこそが贈答品として喜ばれています。